スポンサーサイト

続きを読む

パワフリャ~

久しぶりにバレエを見た。ミラノスカラ座バレエ団の「ドン・キホーテ」。キトリは東京バレエ団の上野水香さん。バジル役の人との息は素人目には合っていなかったが、ドンキ(笑)の持ち味の大衆感ってことで、恋する若い二人のあふれ出るエネルギーが大事だと思うから、多少雑でも俺的にはOKOK!おれはバレエは詳しくないけど、観衆がバレエをよく知ってて盛り上げる盛り上げる。これは世界のバレリーナたちが日本でやりたくなるわ...

続きを読む

クラウド・ゲイト舞踊団

台湾のバレエ団、クラウド・ゲイト舞踊団の公演、雲門舞集「行書 弐」を観た。脅威の身体能力と、カンフー、太極拳、気功のエッセンスが入った、振りとも、所作とも、格闘技の型とも言える踊りで、タイトルの「書」を表現するのは面白かったし、振り付けするところが観たいな、と思った。でも、よく考えたら壮大な「モジモジくん」なんだよね・・・。...

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。