福井晴敏

今更だが「終戦のローレライ」を読んだ。映画原作依頼で、女性・潜水艦・音楽の三題話書いたということだったが、なかなか読み応えあり。「あるべき終戦の形」を求める人々と、人間の可能性にかける人々。どちらが正しいかは分からないが、著者のいう戦後の日本人が結果的に白痴とオタクに二分されたとするならば、おれは完全にオタクですね。たぶんガチガチの同世代、福井氏の著作に触れたのは、「ガンダムユニコーン」からだから...

続きを読む

(ネタバレ)アリス・イン・ワンダーランド

「アバター」の予告で知って楽しみにしていたアリス。アリスは「不思議」も「鏡」も原作は持っているものの、ヤン・シュバンクマイエルの人形アニメ以外はキッチリ観たことがなかった。そういえば、中1英語の授業であったな・・・。でもティム・バートン版のパンフで初めて知った。習った英語の教科書のアリスは「不思議」と「鏡」がごっちゃで、「不思議」にはハンプティ・ダンプティも双子も出てこないのだそうだ。こういうこと...

続きを読む

NINE(ネタばれ)

故大浦みづきさんが出演を懇願したという、デヴィッド・ルボー演出の日本舞台版は伝説になるくらい素晴らしかったと、観た人は言う。ミュージカル映画、中でもロブ・マーシャルの「CHICAGO」の大ファンなので楽しみにしていた。楽曲・歌・演技・俳優本当に素晴らしかった!しかし、映画にする意味まったく感じられず。ミュージカルシーンは本当に素晴らしかったが、フェリーニの「8 1/2」の「味」が全くないし、風景以外に、主演の...

続きを読む