スポンサーサイト

続きを読む

伊東対VS葛西

先日姉の誘いで、久々の大日本プロレス後楽園ホール。若手の成長と、新しい可能性を見た。誕生日翌日ということで、大日物販をプレゼントと言われ、選んだのがこのDVD。東スポプロレス大賞年間ベストバウトに選ばれたファイナルは文字にすることが陳腐に思えるので敢えてしない。今そこにある現象というかありようというのは様々な偶然の産物で、それには色んな人が色んな主観で評価をするものだけれど、全て結果論。何とでも言え...

続きを読む

大厄とは

数えで42になる年が本厄(大厄)ということは、大厄もあと3ヶ月あまりだということがやっと分かりました(笑)。潤の大厄が凄まじかったので、すごく得した気持ちです!算数が苦手なので、一時は42歳になるんじゃないかと思ってましたが、無事41になったようです。役者は役が逃げるので厄除けはしてはいけない、という説があるようです。神社にお参りも、初詣もいけないと。これを鵜呑みにして近所の子供神輿も電柱に隠れてやり過...

続きを読む

スズケン氏

「ピノッキオ」の美術家で、青年団所属のスズケンこと鈴木健介氏が、漫画で「ピノッキオ」での仕事を振り返っています。スズケン氏の漫画http://suzukenhibi.at.webry.info/201009/article_1.html...

続きを読む

陈瑞元

上海で知ったフォトグラファー陈瑞元の作品。アトリエショップで見たときは、日本にはなかなかいないすごいセンスの写真家だな、としか思わなかった。しかしインターネットで検索し、作品を良く見ると、おそらく写真上の色や素材を再着色し貼り付けし、全く新しい世界を生み出していることが分かる。単に写真家ではなく真のフォトグラファー。むしろ絵描きに近いのだろう。カメラマンとしては邪道という人もいるかもしれない...

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。