おーミースターブルー、アイラービューソー♪

つい意味もなく八神純子のBestアルバムを借りてしまったのだ。

小学生のころ恐竜博士だったり、とにかく男子なので科学大好きで、夏休みのNHKスペシャルの「パノラマ太陽系」という番組を食い入るように観たのを覚えている。
その主題歌が八神純子の「Mr.Blue」という曲だった。

当時「ザ・ベスト10」全盛のころの歌謡曲って、
今聞いても、まぁ古いんだけど、メロディーと歌詞にとても力があると思う。
とてもオリジナルなものだな、と感じる。

今30年たっても残る歌ってどれくらいあるんだろう。
今も沢山いい歌があるけど、なんつっても数が多くって、
ずーっと残る、というまずその確率が大変に低い。

玉石混合とはいわないが、お芝居も本当にいろんなものがあるもんね。
だからこそ、作る側も見る側としても、その中でちゃんと冷静な目を持っていたい。

世の中に色んなものがあり、いろんな可能性があり、選択肢があるってことを人間は求めてきたけれど、
それって必ずしもいいことばかりじゃないんだよなぁ・・・。



コメント

遅ればせながらblog開設おめでとうございます(^^)

懐かしい名前に反応してしまいました>八神純子
それまでもピアノ弾きながら歌う人はいたけれどパンツスーツでダイナミックな弾きっぷりがあの頃は目新しかったですね。ベストテンではアイドル歌手と同じように大きなリンゴのステージで歌わされてましたがけど。
デビュー曲が好きで貸レコード屋(当時はCDじゃなかった(^^;)で借りたりFMから録音してはテープに入れてました。まだ持ってるけどもう音が歪みきってるでしょう(笑)

あの頃の歌詞ってストーリーがきちんとあって判り易かったからずっと覚えていられるのかも。

2006/02/18 (Sat) 01:34 | Joy #ax4px7aw | URL | 編集

そう、wordsでなくlyricだったんだよね。
だから覚えやすかった。
メロディーもわかりやすかった。

それがいい悪いではないけどね。

2006/02/18 (Sat) 13:20 | やしろ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/02/20 (Mon) 21:51 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する