スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついでに初演時のものを再UP

そろそろ尻に火がついてきたzupa。今週勝負だ。

zupaの稽古はおれにとってとても新鮮です。
いい意味で試行錯誤中で、一体どんな芝居になるかやってる方も(まだ)今一つはっきりしないんだが、
ネタバレにならない程度に、創作工程はこんなかんじ。

まず、夏のある時期こんなワークショップをやった。
ある写真をみて、その写真から連想・イメージされるキーワードを15分間でできるだけ書き出した。
それをみんなで照らし合わせて、共通するキーワード、イメージを抽出し、
3つくらいにしぼったそれを「お題」として、みんなで設定やら展開やらのアイディア出し合って、エチュード。

また今度は乱歩の「芋虫」を宿題で読んで、そこから抜き出したイメージから作ったエチュードは、
コタツを囲み普通に会話をする男女のグループがいて、
一方コタツの下では秘密裏に様々なエロ駆け引き模様が繰り広げられる手足・・・、というもの。
また男三人がずーっと何かをむさぼりたべている別のシーン。女一人に給仕させているが、飼育されているようにも見える・・・。その間女が「男をいじめたくなる瞬間」について独白している。食べ終わった男達はだんだん地べたに倒れて丸くなっていき、女は一人一人にその独白通りのいじめを実行していく・・・。

一体どうしてそんなことになったのか!?いきさつは書くと長いんだが・・・、
「芋虫」のエロスとか肉とか、欲望の裏表というイメージがそんなシーンを作り出したんだと思う。
って言っても見なきゃわかんないよなぁ(笑)・・・。

ま、今「サロメ」「カリギュラ」をお題にそういうことをやっています。
原作からの印象を抽出して、元ネタにとらわれずに何かに変換する。
その距離感がミソなんだよなぁ。
だから、原作知らなくてもいいし、知ってたらまたそれはそれで楽しいし・・・、
そんな舞台になりそうです。

ともかくも、えーい、言い切っちゃえ、
おれのテーマはエロと暴力、凶暴性と孤独。
こりゃ間違いなく、花組とは違うおれ。
どうでぃ!見に来たまえ(笑)!!


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/05/19 (Sat) 12:25 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。