ア杯UAE粉砕

この日本代表は強い、と思った。

カタール戦では戦術的にどうしたいのかよく分からなかったが、
UAE戦を見て、あぁ、と飲み込めた感じ。
高温多湿で集中開催の大会での決勝まで見越した戦術。
U-20とは違う大人のサッカー。

もちろん相手DFの数によって1トップか2トップかは変わると思うが、
(巻や山岸の出来はともかく)2トップの方がやりやすそうだなぁ。

昨日よかったのは、両サイドの加地・駒野がかなり高い位置をキープしていたこと。
MFの四人が役割分担と連携がきっちりしていたこと。

遠藤がこのチームの中心だということが分かった。
昨日の遠藤には7.0の評価をしたい。

ただ快勝のわりに後味が悪いのは失点したことではなく、
ピッチコンディションと、UAEの選手の汚いプレー、
なにより審判が酷かったことだ。

あの判定基準のあいまいさはアジアの恥だ。





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/07/16 (Mon) 14:04 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する