遅ればせながらサウジ戦

完敗だった。

サウジはうまく守り、はっきりした意図でカウンターをしかけ、
個人技とセットプレーから効率よく得点した。

日本がこの大会で目指したのは、支配率を高め、気温対策の意味でも慌てない、
遅攻速攻緩急をつけた大人のサッカーだったと思う。

そのプランは基本的に上手く行ってたと思うけど、
川口の言う通り、勝ちたい気持ちが大きいのはサウジだったかな。
なかなか攻めきれない中、得点したのはDFの中澤と阿部。
攻め上がるのも中澤。攻撃陣の疲れが大きかったと思う。

負けたのはやはり何かのバランスが悪い。

個人能力の高いサウジ2トップに4バックでは結果的に人数が足りなかった。
阿部のDF能力とパサーばかりを揃える中盤の構成が批判されているようだが、
このチームはトルシエ時代のような守備ありきの戦術が魅力ではないので
そのへんはまだ熟成中というところだと思う。
ジーコ時代と同様に人選の問題じゃないよ。

ただ、UAE戦で両サイドの加地、駒野の高いポジショニングが効果的だったので、
体力的にしんどいポジションで怪我もあった加地とボランチ鈴木の代わりがいなかった、
というか、こういう大会はノリが必要なので、その為に召集したが
初戦で上手くいかなかったので今野は何となく使い辛いんだろう。
層の薄さは敗因の一つかなぁ。
でもスタメン代えるのも途中交代も難しい選択だよね…。

とにかく厳しいアジア予選というものがオシムも分かったという意味で、
いい収穫だったと思う。

次のW杯予選を効率よく戦うために、ある意味決勝以上に大事な韓国戦。
W杯予選でアジアで三位に入れば本大会には出られるんだから、
勝てば今のところの強化は順調としたい。
日本戦気持五割増の韓国はいい相手。

次だ。
次が勝負だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する