スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終予選

ワールドカップ最終予選ウズベキスタン戦は
1vs1のドロー。

アウェイで引き分けホームで勝利
が原則の最終予選にあって、
これは痛い結果だ。

ライバルのオーストラリアは
オイルマネーで帰化選手も多い
好調カタールに大差快勝。

やはりプレミアシップのクラブ所属選手が多く、
アジアとはレベルが違う感じだ。

結果以外求められない最終予選では、
どの国の監督も誉められる事はないだろうし
それを恐れては代表監督など引き受けないだろうが、
世界で最も精神的にタフな商売だなと思う。

昨日の試合の細かい采配はともかく、
素人目にはチームの方針が
若干よく分からない感はある。

まとまりも…。

そもそも闘莉王はあそこまで
攻撃参加する必要あるんだろうかね。

あれが作戦だとすればボランチの人選は
「ボールを捌くタイプ」より、
「汗をかく選手」だと思うがなぁ。

南アの準備が遅れていて、
FIFAから代替開催を打診されている
という噂もある日本としては、
なんとか勝ち抜いて欲しいものですが…。

日本人にとって南ア大会が
つまらんものになりませんように。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。