サド侯爵夫人

これまでの自分の演劇人生を考える三時間だった。

この2トップを俺達が支え、
今の若手を散りばめた
花組版の「サド…」をやる if が、
歴史の選択肢の中であったかもしれない
と、一瞬夢を見たが、
様々な叶わぬこと、
あるいは互いにそれぞれ努力してきた時間があるからこそ、
「今」があると思った。

業を背負いつつ、
前に進むしかないですな(笑)。

おれごときがおこがましいですが、
鈴勝氏に本当に感謝。

この思いを共有できる様々な知人たちが、
初日の客席に並んでいたことも
また嬉しかった。

コメント

深い!

観客としてしか演劇に関わってないわたしには、とても分かり得ない想いですね・・・。
でも、羨ましい。
そして明日のグローブ座をより楽しめそうな気がします!
(抽象的な言葉で失礼しました)

2008/10/18 (Sat) 18:37 | 出目金魚 #Lv.AZ.aI | URL | 編集

今現在、あの演出では
あのお二人にしか出来ない芝居だと思います。

2008/10/18 (Sat) 19:15 | ヤシロ #- | URL | 編集
昨日、拝見しました。

最初に拝見したお芝居が、「花組沙翁劇 ロミオ&ジュリエット」でした。
時を移して同じグローブ座。感慨深いものがあります。

これを花組で演るとしたら・・・と、つい夢想しました。

2008/10/19 (Sun) 20:14 | 月夜の梟 #- | URL | 編集

いつか新しい花組沙翁劇もお見せしたいものです。

2008/10/21 (Tue) 00:15 | ヤシロ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する