スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十二夜」

こどものためのシェイクスピア「十二夜」を観劇。

前観たときとキャスティングも若干変わっていたが、
面白さは変わらず。
新しいキャストもそれぞれ持ち味を出していて、
すばらしかったし、
こういうモノを観ると
ちょっと悔しかったりする。

「シェイクスピアらしさ」ってなんだろう。

どんな演出でも、設定やセリフを変えても、
人間的なテーマとか不変的なものが必ず残る。
そこがシェイクスピアが今なお上演され続けている理由であって、
それは決して形じゃないんだよなぁ。

面白いということにどうしても「理由」がほしい人は
かわいそうだなぁ。

「夏夢」のキャストみんなで観たい公演でした。

潤、誓さん、マキちゃん、トタン、山さんもがんばってね!

さ~、大阪だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。