スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年以上前の大阪のCM

軽いネタばれになりますが・・・。

今回の「お弔い」は戦後、1955年の話で、
おれはある映画会社の広報課長なのです。

その為の資料として、わかぎゑふさんから、
当時のグレタ・ガルボ、マレーネ・ディートリッヒの映画のビデオをお借りしています。
今から20年くらい前の深夜番組の録画のようです。

京都弁に追われてなかなか観る時間がないので
BGMのように流していると、肝心の映画より、
20年以上前の大阪のTVCMに目が行ってしまいます。

「ホテル味園」や鶴瓶の「民芸肉料理はや」。
スーパードライが出る前からすでにコクとキレがあった「アサヒ生ビール」。
今聞くとサビ以外はひどい楽曲の「ストリートスライダース」の大阪厚生年金会館コンサート。
梅田コンピューター学院の巨大なパソコン。
「職業エディター、週末は活字を忘れ、恋人は娘」と言い切った「アメリカンエクスプレス」。
すでに2時間ドラマの常連だった片平なぎさのアメフトばりの肩パット・・・。

turube.jpg

ごめんね、ガルボ、ディートリッヒ。
映画飛ばして、CM観てて・・・。

時代やなぁ・・・。
しかし、まだ20年や(笑)!!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。