コンフェデ

ブラジル優勝!

後半3点取って逆転した南米王者ブラジルはさすがの強さ、
ルイス・ファビアーノ2得点で来年のW杯本大会が楽しみ。

しかし、今大会の目玉はやはりアメリカ。
するどいカウンターで、前半2-0で折り返した時点では、
歴史が変るかと思った。

MLS開幕、'94年大会開催の為の準備、ナイキの育成プログラムなど、
かつてのサッカー後進国アメリカはやるといったらやる国。
今回の代表メンバーの年齢層の広さをを見ても、
チームの継続的強化が成功しているのがはっきり分かる。

同じような時期に発展を始めた、日本、韓国、オーストラリアを合わせ、
4ヶ国の環太平洋マッチがあったらいいな、
とは以前から思っていたこと。

しかし、オーストラリア、特にアメリカとはずいぶん差がついてしまった感じがする。

理由は色々意見があるだろうが、やはり言葉と距離、
またリーグのシーズン制度の問題が大きいのではないだろうか。

サッカーはワールドスポーツだが、
母国イギリスやドイツが強豪であるのは置いといて、
競技人口を考えても実に「ラテン的」なスポーツだと思う。

アングロサクソン系スポーツが人気だったアメリカで、
ヒスパニッシュ系の選手がサッカーで活躍することは、
野球やアメフトとは違うファン層を掘り起こした部分もあるはず。

ヨーロッパリーグで活躍する選手も増え、
代表が世界ランキングのシングルになるに至って、
アメリカのサッカー界が「ヨーロッパ化」するのは
日本や韓国よりも容易いと思う。

開催国の南アフリカも4位ながら、ブラジルにもスペインにも一泡吹かせた。
今回のコンフェデではアジアチャンピオンのイラクは全く歯が立たなかった。

アジアはサッカー後進地域なだけでなく、
成長スピードがもっとも遅れた地域。
2010年大会終了後、W杯出場枠は確実に減らされるだろう。
これが現実。

本当に、あと1年しかない。

コメント

No title

コンフェデはブラジルの底力を見せ付けられました。
守備的だのと批判はおおいようですがあっさりW杯を優勝してしまうかもしれません。
まあそんなに甘くはないでしょうが

2009/07/02 (Thu) 03:40 | youtubemania #Fq8DiWTI | URL | 編集
No title

シーズン終わりのスペインを単純に評価出来ないですしね。

1年前の各国まだ荒削りな状態が返って面白かったですね。

それにしてもアメリカ!

2009/07/02 (Thu) 14:09 | ヤシロ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する