マラドーナ

週プロでも大きく掲載された、大日本プロレス「ロミオVSジュリエット」ですが、
お客様のブログで写真つきで丁寧にご紹介いただいています。

大日本の売りはデスマッチで、蛍光灯や画鋲など、
目を覆いたくなるようなシーンの連続、
そして大きな怪我も少なくありません。
苦手な人もいらっしゃるでしょう、確かに見る人を選びます。

・・・しかし、真に命がけの表現というカタルシスは、
他では絶対に味わえない唯一無二なものでしょうね。

さて、「ナイル・・・」佳境のさなか、
サッカーW杯予選も佳境!!

痺れます、本当に!!

今日は南米予選、
マラドーナ監督の下、スター選手を揃えながら本大会出場が危ぶまれていた
アルゼンチンが直接ウルグアイを下して、プレーオフを免れました!!

今最高の選手の一人、メッシをW杯で観れない!
なんていう悲劇はとりあえずなくなりました。

・・・でも、マラドーナよぉ。

「ナイルの死神」は世界で唯一無二のアガサ・クリスティです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する