四月だよ!衣替え!

映画じゃないが、今頃やっと「24」の1st.シーズンを見た。
こういう連ドラ見るのは「ツインピークス」以来だが、見事にはまったねぇ。
本当に良く出来てる。
TVシリーズでこのレベルのものを作るんだからアメリカってすごいよね。

おれのように完全に時代に乗り遅れてるのに、
これからまだ「24」を見る気がある人は以下ネタバレですので注意!

知り合いの公務員によれば、
裏社会と警察機構のあり方はちょっと似ているところがあるそうで、
特に「24」のCTUのようにCIA絡みの機関であればなおさら、
任務上の殺人が合法とされているわけで、
暴力を使う目的が、私か公かの違いだけなんだよね。

「24」はさらにそこに、個々人の都合や感情、二重スパイなんてのが絡んでくるから
善と悪が単純には決められなくなるところがリアルで面白い。

見ていると、
「女って・・・女ってぇ・・・女ってぇええええ~!!!」
キーッとなる瞬間が多々あり(笑)、
結局最後まで「女」が絡んでくるのだが、
単なるアクションものにしないっていう、そこがまた面白いんだよねぇ。
シナリオが本当にあっぱれ。

さて問題の「もう一つのラストシーン」だが・・・、
「もう一つ・・・」の方だったら、テリー・バウアー役の女優さんは

「2nd.シーズンもレギュラーだったのにぃ!」

・・・と思っただろうなぁ、
と思うのはおれの仕事が俳優だからだろうか・・・。

060330_1600~001.jpg

コメント

男も

ここでこう言うのも何ですが、男って…。と思うことはよくあります。仕方がないですけど(笑)同性から見ていてもあれれって思うこともありますが(^_^;)女方で演じていて何でこんな行動するんだ?って思ったことありますか?

2006/04/02 (Sun) 01:32 | もちろん匿名くん #PaSxhUKc | URL | 編集

>男って・・・。
あるでしょうねぇ。
おれも花組でよく思いますもん(笑)。

女形演じていて、何で?って疑問に思うことはないですね。
それは自分が作り手だから。
自分の思う女性像を作る立場にいるから。

といってそれが男目線では必ずしもないし、
自分の理想像を作るわけでもないですし。
毎回工夫して自分の中にあるものないものを「作る」のが仕事ですからね。

ただ、同じ役を別の芝居で女性が演じてるのを見ると、ちょっと解釈が違って面白いだろうなぁ、と思います。

そういう意味で「和宮様御留」は楽しみ!





2006/04/02 (Sun) 03:46 | やしろ #- | URL | 編集

はじめまして。
けっこう書き込みとかするのは苦手なんで、蹴通からこちらに変わった時も、やったー、とは思ったのですが、コンタクトできず・・。
でも4月になったし?思い切ってかきこんでみます。いやあ、やしろさんにお手紙書きたい、書きたいと思いながらお誕生日と劇場でしか渡せず。。うーっともんもんとしていたあのころの自分に、この環境を教えてあげたいですー。PCに感謝;;。
初演の墨田川から見てるので・・。ロステンペストも行ったし、(スタンディングオベーションでしたねー、確かに。うわ、がいこくーって思いましたもの、笑)静岡にも行きましたよ!
桂さんのギターにやしろさんがお歌の歌詞をマジックでかかれたもの(覚えていらっしゃいます?)も落としましたし、そういえば、狸御殿のたぬき衣装も持ってます!
・・・つい興奮してしまいました。いやあ、嬉しい・・。

コメでした・・。
「男って・・」って一日一回は思うような気がします。でもだんだん、「おとこってもう!」から最近は「おとこって、もう♪♪」に変わってきたような気がします。(わかります?意味・・)
この年になって(やしろさんといっこちがいですが)なんかちがういきものだなあ、とごくごく客観的に見るようになりましたねー。

>それは自分が作り手だから。
>自分の思う女性像を作る立場にいるから。

ふーん。。そうなんだ。。。
わたしの思ってる男性像も、自分が思ってるだけかもしれませんねー。
そうかあ。。。

2006/04/03 (Mon) 15:59 | なかちゃん #- | URL | 編集

お久しぶりです!
お元気ですか?

男と女が違うのは当たり前で、
そこがいいんですよねぇ・・・。

で、その違うっていう前提の中で、
その違うもの(現実でないもの)をクリエイトするってのが
芸術の基本だってことを花組で学んだと思います。

「自分自身であればいいよ」、っていう俳優論は
ちょっと偏っているというか、
言葉足らずだなと思います。

2006/04/05 (Wed) 20:22 | やしろ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する