スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊東対VS葛西

先日姉の誘いで、久々の大日本プロレス後楽園ホール。
若手の成長と、新しい可能性を見た。

誕生日翌日ということで、大日物販をプレゼントと言われ、
選んだのがこのDVD。




東スポプロレス大賞年間ベストバウトに選ばれたファイナルは
文字にすることが陳腐に思えるので敢えてしない。

今そこにある現象というかありようというのは様々な偶然の産物で、
それには色んな人が色んな主観で評価をするものだけれど、
全て結果論。何とでも言える。

本人たちにしか最早立ち入れない領域のものを見たとき
俺は泣くしかなかったけれど、無責任なものだ、と自分で思う。

俺には評価は出来ない。
ただ感想しか言えない。

しかし、そこから未来を描いて生きて行く立場の人は
冷静に現実を見ていかなきゃ行けない。

大日の提供する新しい可能性と、
このベストバウトの試合は無関係ではないと思う。

ただ、ひたすら前を向いていることは確か。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。