スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女帝1号、逝く。

母の姉、実家の長女の叔母さんが亡くなった。
四姉妹のうち母は三番目、おれは従兄弟たちの中では
一番年下ということで、この叔母さんや家族全員から
並々ならないほど可愛がられた。

母が亡くなってからは特に、おれにとっては親と同じ人。

四姉妹というのは特殊で、
特に母とこの叔母さんは住んでる場所も近く、
また互いに旅館を切り盛りしてたりで、
子供の頃からの色々と性格的な相性に
とにかく…A面もB面も色々あった(笑)のを知っている。

改めてそういう類のいろんな話を通夜葬儀で聞くに付け
また一つ近しい人の魂を飲み込んでしまったよと思う。

他人の人生を演じる役者なんてものは
他人の人生を飲み込むのが仕事。

因果だなぁ~と思うが、
一滴たりとも無駄にせず、血肉にしたいものだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。