大相撲

相撲の八百長問題は根が深い。

八百長は週刊誌が糾弾するまでもなく、
人情相撲や無気力相撲と名を変えても、
おそらく古来からあって、
いや相撲に限らず、あらゆる勝敗を競う競技には
「その勝負がどれくらいの割合真剣なのか」という事は、
競技の種類や時代、選手個人の心身の状態など無数の条件で、
「いろいろ」だと思うんだよね。

しかし、そういう色んな温度差を差っぴいても
スポーツや格闘技という肉体と精神のぶつかり合いは
素晴らしいショーであり、実際今回の問題力士の
八百長疑惑の取り組みのビデオを見ても、俺はもちろん、
NHKに出てた元小結だって八百長とは看破出来ない、
それなりの相撲だった。

しかし…、
あらゆるプロスポーツを、
なぜ高校野球を語るように見なきゃいけないのだろう。
そもそもおれは高校球児を聖教徒のように扱うことも大嫌いで
一人一人のアスリートとして尊敬すべきだと思う。

「見方」を決めてるんだよね。
TVがさ!!

青臭い精神論もそれはそれで悪くはないが、
すばらしい技や肉体、因縁や歴史、狡猾さや悪意だって時にはスポーツの魅力の一部なのに
幼稚な一元論でこの事を判断するのは、
とても危ない気がする。

反論を恐れず敢えて言うけど、一部八百長があってもいいじゃん。
いや、よかないんだろうけど、仕方ないじゃん。
それで、力士みんながやってるんじゃ?、と思うか、
どこにでも一部に馬鹿野郎がいてまじめにやってる奴は迷惑だな、と思うかは
見る角度の問題であって、角界全体の価値ってのは
もっと次元が違うと思うんだよな。

格闘技ってのは偉大なショーなんだから。
国技館を囲むように飾ってある優勝力士の肖像のうち、
手を汚していないのは何人いるか?なんていうのは
おれはむしろドリーミングだと思うけどね(笑)!

かつて八百長に関わったり見ないことにしてきた人たちが
今になって見つかった力士たちだけを裁いて終ったことにしようなど愚の骨頂。
裁けるかそんなもん。

それ以前に犯罪性がないのに、別件資料の「私信」を
垂れ流しに公表する警察って何なんだ?

相撲と大河とお天気と
ためしてガッテン位しか趣味のない年寄りが、地方には何百万何千万といる。

年寄りの生きがいを取り上げる事の方が問題だよ。
(相撲がないと、周りの家族も大変なのでネ…w)

おれが見たいのは「大相撲」だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する