千秋楽

無事に東京千秋楽かと思いきや、
バラシを手伝う俺の頭にコードのコネクターが降ってきたよ。
ま、怪我もないんだが。
なんかの罰があたったか?

十年後の隅田川かぁ・・・。
それもいいんだが、
十年後の隅田川を思うより、
それ以上の作品を作ることのほうが
興味ありますね。

自分達が作ったものにさえ、
縛られちゃだめなんだ。

しかし、アンケートなんか読むと、
花組が上品な所だと思ってるお客さんが多いのには、
びっくりだ。

「現代の悪場所」なんて呼ばれた時代は昔のことか・・・。
花組の目標の一つは、
今の歌舞伎が出来ない、本来のかぶきがもっていたものの復興。

要はセンスの問題だと思うけどね。
何をやろうとセンスがよけりゃ。
おれたちの「おしゃれ」には「ふんどし」や「しり」も含まれるんだよね(笑)!



コメント

八代さん、こんばんは。
お初におめにかかります。
先日、「ザ・隅田川」を拝見し、思い切り笑い、鯉とともに芝居の世界を泳がせて頂きました。
今回の「素」の形は初めてですが、その前の
「隅田川」(衣装付?)を初めて拝見して、花組に魅了されてしまいました。
その理由は、というと、猥雑でエロティックだったから。
こんなに女性のお客さん多いのに、そんなこと、こんなこと、えーっ、と、手で顔を思わず覆いながら、その指の間からしっかり見ておりました。
何か人に言っちゃいけない、秘密の楽しみを見たような。
歌舞伎だって、肉親の争いあり、横恋慕、近親相姦、主殺し、舅殺し、いじめ、など、当時の「噂の真相」みたいです。
今はすっかりお上品になって。
でもそこから抜け出したい、と思っている役者さんも一杯いるようにお見受けします。
今回の裸のシーンに驚いている人が多い、ということでしょうか?
いやよ、いやよ、も好きのうち。
なーんて、茶化していると怒られますか?
これからも、進化しながら、花組でしか見られない芝居を楽しみにしています。
お目汚しですみません。お許しあれ。

2006/04/25 (Tue) 01:14 | peco #d46gVr/E | URL | 編集

いや、ほんとうに・・・
嘆かわしい事態ですわ

あげくには
「意味のない裸はいらないと思います」
だって。

意味のない裸ほど笑えるもの無いと思ってる俺の感覚はおかしいって事か?

2006/04/26 (Wed) 02:04 | かつけん #Kg0yqkbE | URL | 編集
御無事で

豊川稲荷にお礼に行かないとね。

2006/04/27 (Thu) 22:06 | くろ #bi94IFRw | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する