スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペテカンさんのお芝居を見た

先日「ペテカン」の「コーヒー&シガレッツ」を拝見した。

高校生が卒業して喫茶店でたたずんでるシーンがあるのだが、
平成18年だから、今年高校卒業した人はもう平成生まれなんだそうだ。

新しく入った堀越が21才だから、この後入ってくるのはもう
平成生まれかもしれない。
平成生まれと仕事するようになるんだなぁ。

芝居始めた「かぶき座の怪人」が平成元年で、
崩御があって、雪が降った寒~い冬に中野の寒~い稽古場で
訳も分からず目を白黒させていた。

その後横道なんかが入ってくるまで5年くらい「新人」と呼ばれたが、
今から考えりゃ、その間に集中して鍛えてもらったし、
劇団の方向性も決めていく時期だったので、
そこで「新人」だったのはラッキーだった。

新しい人が増えるのはうれしいが、
ライバル増えてるわけで、おれたちもうかうかしてらんないね。

あ、「ペテカン」のお芝居はおもしろかったです!
おしゃれでした。
客入れ時におんなじ曲をヘビーローテで聞かされるのは
狂いそうだったけど。
あれオリジナルの曲でCD売ってるんだって、
途中で気がついてちょっと納得。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。