スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリでBIG EARを手にいれるのは・・・?

ヨーロッパCL決勝のカードは下馬評通り、
アーセナルとバルセロナという絶好のカードとなった。

人気チーム同士の対戦で、有名な選手ばかりで盛り上がること請け合いだが、
アンリVSロナウジーニョ、というのさすがにはみんな知っているよね。

バルセロナは長く低迷していたが(といっても優勝から遠ざかるという意味だが)
かつてのミラン黄金時代のオランダトリオの一人ライカールト監督と、
ロナウジーニョの加入・・・
だけじゃないが、もろもろうまくいって(笑)12年ぶりのCL決勝進出。
基本的にソシオという市民が会員になって支える市民球団なので、
レアルやチェルシーのように
お金持ちが金でなんとかしようというクラブじゃないところが人気の秘密。
日本でもFC東京やアルビレックス新潟がここのやりかたを学んでいる。

それ以上にバルセロナ(カタロニア)の人たちの歴史的な地域性が人気に関わっているが、
ホームの「カンプ・ノウ」スタジアムは収容人数10万人のサッカー専用スタジアムで、
ミラノの「サン・シーロ」と並んで行ってみたいスタジアムNo.1!

さ~て17日のパリでの決勝で、あの大きい耳のカップを掲げるのは?

でも稽古中だなぁ・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。