NHK同時三点ドキュメント

6月22日、W杯一次予選F組最終戦、日本VSブラジル。
この試合を世界3つの場所で見つめた人々の物語。ブラジル・サンパウロの日系人の応援は、真っ二つに割れた。スペインのマーケティング会社では、ビッグビジネスを仕掛けていた。愛知県では白血病の少年が、ある選手と約束を交わしていた。ワールドカップの興奮と感動を日本×ブラジルの90分の中に描く。
(NHK HPより)

改めてサッカーの影響力の大きさを感じた。
様々な人の様々な思いを背負ってる。
中村がロナウジーニョが、障害のある子供に勇気と希望を与えているのを見て、
自分も表現は違うが、
他人に対して何か影響を与えることに関わっているということに
もうちょっと責任を感じなきゃいけないな、と思う。

しかし、この企画すばらしいねぇ、
NHKのドキュメンタリーはディスカバリーやBBCよりいいね。

ブラジルVSフランス最高でした!
猛獣対決だよ。すごかった。
ロナウジーニョはリーガとチャンピオンズリーグで
消耗しきってしまっている。
ロナウジーニョ不発祭。
これで全部だったと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する