スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキーのこと

知ってのごとく新潟県出身で、スキー天国で生まれたんだが、
冬季オリンピック見てるとやっぱり子供のころ競技やらされてたのを思い出す。

小学校がすんごく小さかったので、町の小学校同士の親善大会にはクラスどころか学年全員が選手だったこともあり、おれもクロスカントリーの個人とリレーの代表だった。
アルペンは選手じゃなかったけど、クロカンに転向するまではクラブに入っていたので、放課後クラブの時間はスキー場に行き、リフトには乗らずにポールを担いで足で登り、旗門を作ってコースを均して、それからはタイムトライアルだ。
(帰りはスキー場のゲーセンでインベーダーだ。)

晴れてるときには本当に気持ちがいいんだけど、
吹雪だと、鼻水凍るし、特にクロカンなんて、
粉雪だと全然進まないし、WAXセレクトミスると下駄みたいになるし・・・、
「スキー折れないかな、金具壊れないかな・・・。」
とリタイアすることばっかり考えてた。
たぶん全員そうだと思う。
その位キツイ。
本当に何のためにやってんだろうと子供ながらに自問。

・・・という話を昔、元扉座の菊池均也くんに話したら、均ちゃん北海道の倶知安出身で、ニセコで同じ目にあってたらしい。

いやほんと、子供のころから雪国キツいっすよ・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。