スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須磨

20060916141709
午前中、思いがけず時間をいただいたので、健ちゃん(溝口)の勧めで、
三宮からJRに乗って、須磨に行ってきた。
源氏物語にも出てくる須磨には狭い砂浜と、干潮で取り残されたフグが三匹いるだけでしたので、フグを助けて帰ってきました。

もう一個手前で下りて海浜公園に行くのがよかったらしい。
分かるかい(笑)!

コメント

小学生の時二年ほど須磨に住んでいました!!
とはいえ家は陸側の、ユニバーシアード神戸大会の会場が見えるところだったんですけど。
須磨浦公園には海釣り公園があって、よく連れていかれました。餌つけてもらって(餌に触りたくない)釣りざお垂らして、アジとかイワシとか釣れたら、自分で取るの怖いから外してもらって、と、そんな釣しかしたことないんですけど。
まだ子供だったので須磨のよさがよくわかってなかったけど、興味深いところがいっぱいあるんですよね。たとえばこんな。
http://www.suma-kankokyokai.gr.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=27
明日までですね、がんばってください!

2006/09/16 (Sat) 22:29 | 悠哉 #no8j9Kzg | URL | 編集

千秋楽おめでとうございます&お疲れさまでした!
昨夜のアフタートークは如何でしたか?

明日はお誕生日ですね~
歳を重ねる毎にだんだんと誕生日を迎える感動がなくなってしまうのは淋しい限りですが、八代さんが素敵な誕生日を過ごされるようお祈りしてまーす!

昨日救ってあげたフグたちが竜宮城に連れて行ってくれたりして・・・!?

2006/09/17 (Sun) 15:06 | すーたろう #- | URL | 編集

なるほど~。
いろいろあるんですね、見所は。
そりゃ歴史のある所だもんね。
というか、行き当たりばったりの旅はダメだってことだな。
調べていきゃよかった。

フグが竜宮城ね!
あの放生会の恩返しがね!

2006/09/18 (Mon) 00:40 | ヤシロ #- | URL | 編集

早いもので花組芝居を知って、10年近く経ちました。八代さんは、常にいい味の方だと(人間離れした役の時の八代さんが特に好きです)思っていましたが、初めて怪しい胸の高鳴りを覚えたのは、「いろは四谷怪談(’04)」の大星由良之助です。
更に磨きがかかり、多くの観客を魅了し続けるのだろうと思うと、若輩者が申し上げるもおこがましいですが、本当に楽しみな方だと思います。

 花組芝居の傘下に入りきれない贔屓なのが悲しい所ですが、なにか、馴れ合えないものを感じます。座長の、加納幸和と仰る御仁は、大嫌いで大好きで、やっぱり負けたくないなあ~(気持ち的に)と、思います。
 
この場を使わせて頂き、感謝します。特に8月18日は家出中でした;
今後は劇場で拝見しています。

2006/09/18 (Mon) 19:05 | あけとじ #FR6wCi5I | URL | 編集

>座長の、加納幸和と仰る御仁は、大嫌いで大好きで、やっぱり負けたくないなあ~(気持ち的に)と、思います。

ぼくもよくそう思います(笑)。おこがましいですが。

傘下になんか入らなくったっていいですよ。
これからもクールな目を持ち続けていただけますように。

2006/09/25 (Mon) 13:16 | ヤシロ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。